Lightroom・Photoshop 水中撮影

簡単3ステップ!水中写真のレタッチ方法まとめ|RAW現像のすすめ

水中写真でこんな悩みはありませんか?

  • 水中で見たイメージと写真が違う
  • 自分が見た感動が伝わる写真にしたい
  • 撮ったときはうまく撮れたと思ったのに家で見たらがっかり写真だった
  • せっかく一眼カメラを買ったのにTG(コンデジ)の方がきれいな色が出ていた

水中写真において思い通りの色が出せないというのはよくあります。
実は、写真がうまい人はみんなレタッチ(RAW現像)をしています。
レタッチをすることで写真は劇的によくなり、イメージ通りの写真にすることができます。

でも、水中写真のレタッチに関する情報は少ないです。
私も15年以上ダイビングをしてきて、何万枚も写真を撮ってきましたが、水中写真のレタッチに関するまとまった情報がなくて苦労しました。

そこで、この記事では、水中写真に特化してレタッチの技術を紹介します。
RAW現像ソフトのインストールから、個別の状況に応じた具体的なレタッチ方法まで、初心者でも始められるように分かりやすく解説します。

この記事を読めば、水中写真のレタッチ方法が分かり、「撮ったままから、感じたままへ」を実現できます。

レタッチすると水中写真はこんなに変わる

レタッチの具体的な方法を説明する前に、レタッチするとどれほど変わるか紹介します。

下の写真がレタッチ前です。

ソフトコーラルの写真 レタッチ前
レタッチ前

下記の点がよくないです。

  • 全体的に暗い
  • ソフトコーラルの鮮やかさがない
  • 海の色が緑っぽい

レタッチすると、この問題はすべて解決します。

レタッチした写真がこちら。

ソフトコーラルの写真 レタッチ後
レタッチ後


この記事では、簡単にこのようなレタッチができるようになる方法を紹介します。

【事前準備】Lightroomを使えるようにする

Adobe Lightroomをインストール

レタッチを始める前に、レタッチのためのソフトをインストールする必要があります。
一般的にRAW現像ソフトと呼ばれるソフトを使います。

RAW現像ソフトはいくつかありますが、Adobe Lightroomがおすすめ! 私も10年以上使っています。

この記事では、Lightroomを使ったレタッチの技術を紹介します。無料体験版もあるので、インストールして使ってみて下さい。

Lightroom無料体験版


体験版のインストール方法はこちらの記事をご覧ください。
 >>Lightroom無料インストール方法

ポイント

  • Lightroomは、「Lightroom」と「Lightroom Classic」があります。
  • 上記リンクからインストールすればどちらも使える状態になります。
  • 機能が充実しているLightroom Classicがおすすめです。
  • この記事でもLightroom Classicの使い方を紹介します。


カタログの作成

Lightroomは「カタログ」と呼ばれるファイルで写真を管理しています。
カタログというのは、レタッチの履歴や写真の情報をまとめた管理ファイルです。

カタログ作成は初めて使用するときに1回やるだけで大丈夫です。

カタログは、
 ファイル ⇒ 新規カタログ
で作成できます。

Lightroom 新規カタログ作成
新規カタログをクリック

新規カタログをクリックすると、フォルダを選択する画面が出るので、下記を実行します。

  • フォルダを指定
  • ファイル名を入力
  • 作成をクリック

フォルダもファイル名も自分がわかりやすければ何でもいいです。
私は、Cドライブの直下に「Lightroom_lrcat」というフォルダを作って、そこに保存しています。
ファイル名は、今回は「photo」にしました。

カタログ作成のフォルダ選択
C:\Lightroom_lrcatにファイル名「photo」で作成


これで初期設定は終わりです。
あとはこの後説明する3ステップでどんどん写真を読み込んでレタッチしていくだけです。

水中写真レタッチの3ステップ

レタッチの手順は次の3ステップです。

  1. 写真の読み込み
  2. レタッチする
  3. JPEGに書き出しをする

まったくレタッチをやったことがない初心者でも、この3ステップの順番でやっていけば簡単にできるようになります。

ステップ1:写真の読み込み

Lightroomでレタッチするためには、まず写真をカタログに読み込む必要があります。

Lightroomの左下に「読み込み」というボタンがあるので、まずはそこをクリックします。

Lightroom 読み込みボタン


読み込みをクリックした後、次の手順で読み込みます。

1.カメラのメディア(SDカード等)を選択
2.コピーを選択
3.保存先を指定
4.プレビューは標準を選択
5.読み込む写真にチェックを入れる
6.読み込みをクリック

2~4は前回の設定が保存されるので、実際に設定するのは初めてやるときだけで、次回からは写真を選択して読み込むだけなので簡単です。

Lightroom 読み込みの手順
読み込み画面


各項目について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
 >>Lightroomの3ステップを詳しく解説

ステップ2:レタッチ(RAW現像)をする

写真を読み込んだら、いよいよ実際のレタッチ作業になります。

ここでは、水中写真でよく使うテクニックを紹介しています。

まず基本として、レタッチする場合は、Lightroomの「現像」タブをクリックします。

Lightroom 現像タブ

よく使うタブは、「ライブラリ」と「現像」です。この2つだけ覚えておけば問題ないです。

  • ライブラリ:写真を一覧表示して閲覧・整理する
  • 現像:レタッチをする(写真を補正する)

具体的なレタッチの方法は、後半で個別のケースごとに詳しく説明します。
すぐに知りたい方は、下のボタンからどうぞ。

水中写真のレタッチ方法を見る


ステップ3:JPEGに書き出しをする

レタッチした写真は、そのままではスマホで見たりSNSにアップすることができません。
JPEGに変換する「書き出し」という作業が必要です。

「ライブラリ」タブで写真を選択した状態で、画面右下の「書き出し」をクリックします。

Lightroomの書き出しボタン

おすすめの書き出しの設定は下記の通りです。

項目設定値
書き出し場所どこでもOK
ファイル名「変更後の名前」にチェックを入れる
プルダウンから「日付ーファイル名」を選択
ファイル設定画像形式:JPEG
カラースペース:sRGB
画質:70
画像のサイズ調整「サイズ変更して合わせる」にチェックを入れる
「長辺」を選択し、1920pixelにする
解像度は設定不要(初期設定のままで良い)
シャープ出力標準
メタデータ「著作権情報のみ」を選択
透かし設定不要
後処理「なにもしない」
Lightroom 書き出しのおすすめ設定
書き出しのおすすめ設定


この設定であれば、あまり大きなファイルサイズにならないので、スマホでも快適に見れます。
パソコンで表示しても問題ない画質です。

もし、もっと高画質にしたいという場合は、画像のサイズ調整の長辺の長さを変えてください。
1920pixelとしたところを4200pixelにすれば、A3にきれいに印刷可能なレベルになります。

書き出し設定のプリセット作成

すべての書き出し設定を毎回設定するのは面倒なので、プリセットに保存することをおすすめします。

プリセットの作成方法は、書き出しの画面の左下の「追加」をクリックして、好きな名前を付けるだけです。
ここまでで設定した内容がプリセットとして保存されます。
今回は、名前は「SNS用」としました。

プリセット追加ボタン
左下の「追加」でプリセット作成
新規プリセットの名前設定
名前を付けてプリセット作成



ケース別 水中写真のレタッチ方法

鮮やかな色を表現する方法

水中では、海水によって赤い色が失われるため、どうしても地味な印象の写真になってしまいます。対策として、レタッチで鮮やかな色を表現する方法を紹介します。

具体的には、下記の3つの方法で色を鮮やかにすることができます。

  • ホワイトバランスで色を調整する
  • 彩度を上げて鮮やかな色にする
  • 特定の色の彩度と輝度を調整する

これらの方法を使うと、下の写真のように鮮やかな色を表現することができます。

左がレタッチ前、右がレタッチ後です。

詳しい調整方法は、こちらの記事をご覧ください。実例を使って説明しています。
 >>水中写真で鮮やかな色を表現する方法

水中写真のホワイトバランスを調整する方法

水中では、赤い色の光が失われるため、正しくライティングしないと青かぶりと言われる状態になってしまいます。
Lightroomを使えば、簡単にホワイトバランスを調整して本来の色を再現することができます。

ホワイトバランス調整のコツは、次の通りです。

  • まずは色かぶり補正をプラスにして調整
  • 青っぽさを軽減したい場合は、色温度も調整
  • 水中写真らしさを出すために少し青みが残る程度にするのがポイント
  • スポイトツールでホワイトバランス自動調整も可能

下の写真のように青かぶりを補正することができます。

左がレタッチ前、右がレタッチ後です。

詳しい調整方法は、こちらの記事をご覧ください。
 >>水中写真でホワイトバランスを調整する方法


緑になった海の色をきれいな青色にする方法

実際に海に潜ったときは、きれいな青い海だったのに、写真に撮ると緑の海になってしまったということは、よくあります。
このようなとき、次の2つの方法で調整することができます。

  • ホワイトバランスで調整する
  • HSLで個別の色ごとに調整する

ホワイトバランスだけだと、海の色だけでなく、被写体の色まで変わってしまうため、個別の色ごとに調整することで、より思い通りに調整できます。
HSLというのは聞きなれないので、難しそうに感じるかもしれませんが、Lightroomは直感的に調整できるので、すごく簡単です。

下の写真が実際にホワイトバランスとHSLを使って調整した結果です。

左がレタッチ前、右がレタッチ後です。

詳しい調整方法は、こちらの記事をご覧ください。
 >>緑になった海の色を青色にする方法

ライティングで光った魚の目を黒くする方法

水中撮影で、魚の目が光ってしまうと、死んだ魚のような目になってしまいます。

光の強さや向きを調整して撮影すれば防ぐことはできますが、水中ですべて完璧にするのは難しいです。そんなときは、レタッチで修正することができます。
たった2ステップの簡単な手順で修正できます。

  • 円形マスクで目に合わせたマスクを作成する
  • 露光量と黒レベルを下げる
魚の黒目補正の前後写真

マスクの設定方法など、詳しい調整の仕方が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>魚の目を黒くしてかわいく仕上げる方法

邪魔な浮遊物を除去する方法

水中写真では、どうしても邪魔なゴミなどが写り込んでしまいます。

撮影方法の工夫だけで完全にゴミがない状態を作ることは不可能なので、レタッチで処理することは必ず必要になります。

Lightroomでは、消したい箇所をクリックするだけで、簡単に除去することができます。小さなゴミだけでなく、ダイバーの写り込みなどの大きいものも消すことができるすごい機能です。

詳しい使い方が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>水中写真で浮遊物や邪魔な写り込みを除去する方法


モノクロ写真を作る方法

通常はカラーで撮影していると思いますが、モノクロにすると、全く印象の違った写真にすることができます。透明度が悪くて、海の色が緑というときでも、モノクロにすれば関係ないので、意外といい写真になることがあります。海のワイド写真でも有効です。

撮影時にモノクロに設定して撮影することもできますが、Lightroomを使えば、後でモノクロにすることができます。水中では撮影に集中したいので、モノクロで撮りたいと思っていても、後でレタッチでモノクロにするのがおすすめです。

モノクロにする方法は、次の3つの方法があります。

  • 基本補正で白黒にする
  • プリセットの白黒設定を使う
  • 彩度を下げてモノクロにする

彩度を下げる方法を使えば、こんな写真を作ることもできます。

被写体のみ色を残したモノクロ写真

詳しい方法が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>Lightroomでモノクロ写真を作る方法


鮮やかな南国の海を表現する方法

テレビや広告などで鮮やかな海の写真を見て、同じように鮮やかな色にしたいと思ったことはありませんか?
たとえやりすぎと言われても、とにかく鮮やかな色にしたいということはあると思います。

LightroomのHSLという機能を使えば、思い描いたような鮮やかな海の色を表現することができます。
下の写真のように劇的に変えることも可能です。

詳しい調整方法が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>南国の鮮やかな海を表現する方法


ふんわりかわいい写真に仕上げる方法

ゆるふわ系の写真は、水中写真でも人気があります。基本的には、撮影時に絞りを開放にして、露出を明るめにすることでふんわりした写真にすることができます。

でも、撮影時にそこまで設定を追い込めなかった場合、Lightroomでレタッチして後でふんわりさせることもできます。
調整のポイントは下記の通りです。

  • 露出を上げて明るめの写真にする
  • 明瞭度を下げてふんわり感を出す
  • 部分補正で被写体以外をよりふんわりさせる

補正すると、下の写真のようになります。

詳しい調整方法が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>ふんわりかわいい写真に仕上げる方法

ブレた写真を補正する方法

写真はブレてしまうとどうにもできないと思っていませんか?

実は、Lightroomを使うとブレを低減させることができます。さらに、Photoshopまで使えば、もっと強力にブレを補正できます。
決定的な写真が撮れたら、諦めずにレタッチで補正することを考えましょう。

Lightroomで補正する場合
シャープ補正を使う

Photoshopで補正する場合
スマートシャープを使う
(「ぶれの低減」という機能よりおすすめ)

左が補正前、右が補正後です。この写真は、Photoshopのスマートシャープを使って補正しました。

詳しい方法が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>ブレた写真を補正する方法


水中写真のレタッチ方法まとめ

水中写真のレタッチ方法を紹介しました。

レタッチのためには、専用のソフトが必要です。
たくさんのソフトがありますが、私のおすすめはAdobe Lightroomです。

下記のリンクから無料でダウンロードすることができます。

Lightroomを無料で始める

インストール方法はこちらの記事をご覧ください。
 >>Lightroom無料インストール方法

Lightroomの初期設定が終われば、下記の3ステップで簡単にレタッチができます。

  • 写真を読み込む
  • レタッチする
  • 写真を書き出す

水中写真の悩みの多くはレタッチで解消すると思います。
写真は撮って終わりではなく、レタッチ(RAW現像)まで含めて作品作りです。
レタッチすることで、より自分の写真に向き合う時間が長くなり、反省点も見えてきます。
その結果、写真の上達も早くなります。

Lightroomを使えば、簡単に上級者と同じレタッチができるので、ぜひやってみて下さい。

-Lightroom・Photoshop, 水中撮影