カメラレンタル

【GOOPASSの評判・口コミ】使って感じたメリット・デメリットを紹介

カメラ・レンズ機材レンタルのGOOPASSを使ってみたので、感じたメリット・デメリットを紹介します。

私の感想だけでなく、独自のアンケートで集めた評判・口コミも紹介します。

カメラ機材のレンタルを利用したことがない方は、こんな疑問や不安がないでしょうか。

  • 注文や返却が面倒じゃないかな
  • レンタル機材の品質は大丈夫かな
  • レンタルは割高でもったいない気がする

私も使う前は同じような不安がありましたが、実際に使ってみると、全く問題なく、いいサービスだと感じました。
一方で、使ってみるまで分からなかったデメリットもあるので、使って感じたメリット・デメリットを紹介します。

この記事を読めば、GOOPASSのメリット・デメリットが分かるだけでなく、他のレンタルサービスを選ぶときの参考にもなります。

レンタルサービスのクチコミを見る機会は少ないので、このレビューがお役に立てればと思います。

>>GOOPASS公式HPはこちら


GOOPASSで1ヶ月で4本のレンズを使ってみた

GOOPASSは、月額料金を払えば、入れ替え放題で複数の機材を使うことができます。
レンタル機材にはランクが付けられていて、契約したパスに対応したランクの機材を借りることができます。


私は、使ってみたいレンズがRank3以下だったので、Lv3パスを契約し、1ヶ月の間に4本のレンズを使ってみました。


GOOPASSのメリット

GOOPASSを実際に使ってみて感じたメリットは次の通りです。

GOOPASSのメリット

  • 購入前に実際に使って試せる
  • 1weekレンタルで2ランク上の機材が借りられる
  • 新品できれい
  • 送料無料で返送も簡単
  • 保護フィルター付きで安心して使える

順番に紹介していきます。

購入前に実際に使って試せる

GOOPASSの最大のメリットは、1ヶ月の月額料金内で何度でも入れ替え放題ということです。

購入を迷っている機材がある場合、GOOPASSでレンタルすれば、複数の機材を実際に使って試すことができます。
家電量販店でも試すことはできますが、自宅で試せるメリットは多いです。

  • 自分のカメラで試せる
  • 撮影した写真をパソコンで確認できる
  • 屋外など、自分がよく撮影する状況で撮影できる
  • カメラバッグに入れてみて携帯性を確認できる

例えば、こちらのレンズ。
Canonのフルサイズミラーレス機のキットレンズにもなっている「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」です。

RF24-105mm F4-7.1の写真
RF24-105mm F4-7.1 IS STM

キットレンズということで、若干なめていたのですが、実際使ってみるとすごくよかったです。

特に驚いたのは、逆光耐性です。
EFレンズのキットレンズには、下の写真のように、フレアやゴーストが発生して、逆光の写真が美しくないものがあります。

EF-S 18-55mm F3.5-5.6の逆光撮影の作例
EF-S 18-55mm F3.5-5.6の作例


これが嫌で、キットレンズは良いイメージがなかったのですが、RFレンズはキットレンズでも、逆光耐性が良くて十分使えるというのが、実際に使ってみて分かりました。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMで撮影した写真がこちらです。
このように、太陽が真ん中に入っている状態で撮影しても、しっかりとコントラストのある写真が撮影できます。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMで撮影した逆光写真
RF24-105mm F4-7.1の作例



光芒もきれいに出るので、植物の隙間から漏れる光を表現することもできます。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMで撮影した光芒が出る逆光写真
RF24-105mm F4-7.1の光芒

これは本当に使ってみないと分からなかったことで、GOOPASSでレンタルしてみて良かったと思いました。

GOOPASSは入れ替え放題なので、複数の機材を試して、自分に最適な機材を探すことができます。

1weekレンタルで2ランク上の機材が借りられる

レンタル機材にはランクがあり、対応したパスを契約する必要がありますが、1週間だけなら2ランク上の機材を借りることができます。

例えば、CanonのRF24-70mm F2.8の場合、Rank5なので、通常なら月額26,180円のLv5パスを契約する必要があります。


でも、1weekレンタルを使うと、15,180円のLv3パスでレンタル可能です。

1weekレンタルを使ったときのコスパは業界最安です。

例えば、カメラレントで同じレンズをレンタルする場合、月額19,250円のプランを契約する必要があります。

月額のサブスクではなく、単品で借りるサービスでも、GOOPASSの1weekレンタルより高いです。
例えば、APEX RENTALSの場合、RF24-70mm F2.8を1週間レンタルすると19,360円になります。

GOOPASSの15,180円がいかに安いか分かると思います。
しかも、GOOPASSは送料無料です。カメラレント、APEX RENTALSは返却送料自己負担です。

他社で1週間借りるよりも安い上に、1ヶ月入れ替え放題なので、断然お得です。

新品できれい

レンタルサービスの中には、中古品をレンタルに使っているところもあるようですが、GOOPASSは新品で仕入れているので、商品の状態がいいです。

実際にレンタルしたレンズの写真がこちらです。

自分が初めてのお客ではないかと思うくらい状態がいいです。
専門のスタッフによるクリーニングが行われるので、とてもきれいです。

もちろん、レンズに傷もなく、本当に新品を買ってきたかのような使用感です。

レンタルというと、CDやDVDのレンタルくらいしか使ったことがなかったので、これほどきれいなものが届くことに驚きました。

送料無料で返送も簡単

GOOPASSは、往復送料無料なので、運送業者とのやり取りが非常に簡単です。

ヤマトに着払いで集荷依頼して、荷物を渡すだけです。

到着時の箱がそのまま返送用の箱になるので、梱包も楽です。

こちらが到着時の箱です。

GOOPASSの商品到着時の箱


蓋を開けると、返送用の伝票が入っています。
返却するときは、この面を上にしてヤマトに渡すだけです。

GOOPASS商品返送用伝票が付いた箱


箱の中には、梱包材に包まれた商品が入っています。
この梱包材が便利で、筒状になっているので、商品を入れて箱に入れるだけでしっかり衝撃から守ってくれます。

高価で精密な機器なので、梱包に気を遣わなくていいのは助かります。

GOOPASSの箱を開けた状態
筒状の梱包材
筒状の梱包材


蓋には粘着シールが付いているので、シールの剥離紙をはがして蓋をするだけで、梱包完了です。
ガムテープなどで梱包する必要がなく、本当に楽です。

接着シール付きの梱包箱


着払いの伝票付きなので、運送業者とのやり取りは、荷物を渡すだけです。
玄関先で10秒で終わります。

保護フィルター付きで安心して使える

レンズは傷つきやすいので、慎重に取り扱う必要がありますが、それでもうっかり傷を付けてしまう危険があります。

GOOPASSのレンズにはすべて保護フィルターが付いているので、万が一のときでもレンズ本体を傷つけてしまうことがなく安心です。

もちろん、保護フィルターそのものもGOOPASSから届いたときの状態はきれいで、傷ひとつありません。
本当に新品の商品を使っているようです。

GOOPASSのデメリット

GOOPASSを実際に使ってみて感じたデメリットは次の通りです。

GOOPASSのデメリット

  • パスを途中でアップグレードすると契約期間が延長される
  • 梱包料が必要
  • 入れ替えないなら割高

順番に紹介します。

パスを途中でアップグレードすると契約期間が延長される

現在契約中のパスでは借りられない高ランクの機材を借りたくなった場合、パスをアップグレードする必要があります。

途中でアップグレードできるのはいいことですが、契約期間は、アップグレードした日から1ヶ月になります。

例えば、Lv3パスを契約中、15日間経過した時点でLv4パスにアップグレードする場合、終了期間はアップグレードから1ヶ月に延長され、合計で1.5ヶ月利用することになります。
1ヶ月だけの利用で十分という場合、アップグレードすると期間が長くなった分、トータルの支払い金額が高くなってしまいます。

Lv3パスの残存期間分の月額料は、日割り計算されてLv4パス料金が割引になります。
今までの支払い分が無駄にならない点はいいですが、初めから自分が使いたいランクに合ったパスを契約した方がいいです。

梱包料が必要

送料無料で入れ替え放題ですが、実は完全に月額利用料だけで入れ替え放題というわけではありません。

商品入れ替え1回ごとに、1,650円の梱包料が必要です。

これを知らずに入れ替え放題だと思っていると、ちょっと損した気分になるので注意が必要です。

実際には、月に1回は梱包料無料チケットが発行されるので、1つしかレンタルしない場合は、完全に月額料金だけで利用できます。
さらに、新規登録でも梱包料無料チケットが発行されます。

つまり、新規登録の方は、2回分は梱包料無料で完全に月額料金だけで利用できます。

他社サービスが送料自己負担なのを考えると、梱包料は高くないと思いますが、利用する前は理解していなかったので、「送料無料で入れ替え放題じゃないの?」って思ってしまいました。

入れ替えないなら割高

GOOPASSの最大のメリットは、定額料金で入れ替え放題ということです。

逆に、入れ替えを使わず、1か月間1つの機材を使う場合は、割高感があります。
入れ替えなしなら、カメラレントの方がおすすめです。

例えば、CanonのRF24-105mm F4をレンタルする場合、下記の料金になります。

 月額料金
GOOPASS10,780円
カメラレント 8,685円

※カメラレントの料金には、送料1,150円と補償付帯385円を加算しています。


入れ替えでいろいろ試したいか、1つの商品を長く使いたいかで、GOOPASSかカメラレントどちらかを選ぶのがいいです。

>>GOOPASS公式はこちら

>>カメラレント公式はこちら


GOOPASSの評判・口コミ

他の人はGOOPASSについてどう感じているの?と気になりますよね。
独自のアンケートで集めたGOOPASSの評判・口コミを紹介します。

機材の状態がよく、清潔感がある

20代男性

全体的に機材の状態がよくて、清潔感があり、汚れや破損はまったく気にならないほどでした。
新商品を含む約1,000種類の機材をWEB上でレンタルできて、全国へ配送してくれるのがいいなと思います。
ネットショッピングをする感覚で手軽に機材を借りられて、申込後も最短1日で届けてくれます。

試用できて自分にあったものをレンタルできる

30代男性

通常購入であれば、10万円を超えてしまい、簡単には手に届くことのないカメラでもGOOPASSを活用することで低コストでレンタルを行うことができるので、個人的には本当に気に入っております!これからも利用していきたいです。

借りたいものがレンタル中のときがあった

20代男性

非常に気持ちよく利用させていただいています。
機材の状態、発送の早さ、対応の丁寧さなど欠点の少ないサービスだと思います。
ただ一つ、機材の高さを承知の上での自分の思うことですが、在庫が少なく借りたい時にすぐに借りれないことが何度かありました。
それ以外は正直、何も悪いところがないように感じます。これからも利用させていただこうかと思います。

 

GOOPASSのメリット・デメリットまとめ

GOOPASSを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介しました。

メリット

  • 購入前に実際に使って試せる
  • 1weekレンタルで2ランク上の機材が借りられる
  • 新品できれい
  • 送料無料で返送も簡単
  • 保護フィルター付きで安心して使える

デメリット

  • パスを途中でアップグレードすると契約期間が延長される
  • 梱包料が必要
  • 入れ替えないなら割高

GOOPASSの最大のメリットは、入れ替え放題という点です。
購入を迷っている機材がある場合、購入前のお試しとして最適なサービスだと思います。

私もGOOPASSを使って複数のレンズを比較し、気に入ったレンズを購入しました。
自分に合う機材というのは、カタログスペックや他人のクチコミでは分からない点が多いので、ぜひGOOPASSで実際に使ってみて下さい。

公式サイトはこちら


入れ替え放題をフル活用して、1ヶ月でなるべく多く使ってみたいという方は、こちらの記事を読んで下さい。

>>GOOPASS入れ替え放題、1ヶ月で何回レンズをレンタルできるか実際にやってみて検証

-カメラレンタル