カメラレンタル

GoPro HERO9が最安のレンタルはどこ?防水ハウジング付きも紹介[CHDHX-901-FW] 

この記事では、GoPro HERO9 BLACK [CHDHX-901-FW]が最安でレンタルできるサービスを紹介します。

実は、レンタルでは価格以外に注意するべき点があります。GoProの場合、SDカード水中ハウジングの有無を確認する必要があります。

さらに、安いけど在庫が全然なくて借りられないというところもあります。

そこで、15社以上のレンタルサービスを確認して、ちゃんと在庫があって、GoPro HERO9がレンタルできるサービスをピックアップしました。
表示価格以外にかかる費用も考慮して本当に安いサービスを紹介します。

この記事を読めば、最安のレンタルがわかり、レンタルサービス選びに迷いません。

GoPro HERO9レンタル価格比較

GoPro HERO9の取り扱いがあるレンタルサービスをまとめました。

 GOOPASSCAMERA
CRUUU
モノカリDMMいろいろ
レンタル
タビショットRentioシェアカメAPEX RENTALSTokyo Camera
Rental
PANDA STUDIO
レンタル
マップレンタル
1ヶ月6,380円          
1週間 7,380円9,100円9,260円8,4807,032円8,400円7,480円11,550円11,550円18,400円
送料往復無料往復無料往復無料往復無料往復無料往復無料往復無料返送有料往復有料往復無料返送有料
補償加入無料付帯無料付帯無料付帯無料付帯無料付帯無料付帯無料付帯任意加入
(レンタル料の10%)
補償なし任意加入
(レンタル料の10%)
必須加入
(レンタル料の10%)
SDカード
(32GB)

(32GB)

(64GB)
 
(32GB)
 
(64GB)
  
(32GB)
防水ハウジング(+680円)      
合計金額(1ヶ月)6,380円          
合計金額(1週間) 7,380円9,100円9,260円8,480円7,032円8,400円8,630円13,850円11,550円21,390円

前提条件

  • 返送有料の場合は、1,150円を合計金額に加算
  • 東京23区限定の送料無料は有料として片道1,150円を合計金額に加算
  • 任意加入の補償は未加入(0円)で計算
  • 必須加入の補償は合計金額に加算
  • 記事執筆時に在庫があるものだけ掲載


GoPro HERO9の最安レンタルはGOOPASSです。

 >>GOOPASS公式ページはこちら

単純に最安値というだけでなく、レンタル期間が長いのもメリットです。
GOOPASSは1ヶ月レンタルできて、他社の1週間レンタルよりも安いです!

GoPro HERO9最安レンタル

GOOPASS公式サイトはこちら


さらに、GOOPASSは価格以外のメリットもあります。

GOOPASSのおすすめポイント

GOOPASSがおすすめの理由

  • 入れ替え放題で他の機材もレンタルできる
  • SDカードが同梱されている
  • 水中用防水ハウジングが同梱されている

この後、それぞれ詳しく説明します。

入れ替え放題で他の機材もレンタルできる

1ヶ月のレンタル期間中、同じランクの機材であれば、何度でも入れ替え放題です。
GoPro以外のアクションカメラに興味がある場合、実際に使ってみることができます。

例えば、下記の機材がGoPro HERO9と同じランクなので、追加料金なしでレンタルできます。

  • Insta360 ONE X2
  • DJI POCKET 2
  • RICOH THETA V
  • Nikon KeyMission360
GOOPASS Insta360 ONE X2レンタル画面
Insta360

これ以外にもたくさんあるので、GOOPASSのホームページを見てみて下さい。
 >>GOOPASS公式サイトはこちら

「RANK1」で、商品カテゴリを「ウェアラブルカメラ・アクションカメラ」にして条件指定するとたくさん出てきます。

GOOPASS Rank1 アクションカメラで条件指定


入れ替え放題で実際に1ヶ月に何回レンタルできるか詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
 >>GOOPASSで1ヶ月でいくつレンタルできるか検証

SDカードが同梱されている(アダプタ付き)

GoProをレンタルするとき、重要なのがSDカードです。
撮影するためには、SDカードが必須ですが、SDカードが同梱されていないレンタルも多いので、注意が必要です。

さらに、SDカードには複数のサイズがあります。

GoProは、micro SDカードです。
通常のカメラで使用するサイズのSDカードは使えないので注意が必要です。

GOOPASSはmicro SDカードが同梱されているので、自分で準備する必要がありません。

さらに、GOOPASSの場合、SDカードアダプタも付属しています。
SDカードアダプタが付属しているのを明記しているのはGOOPASSだけです。

SDカードアダプタというのは、micro SDカードを通常のSDカードのサイズに変換するためのものです。

下の画像のように、micro SDカードはサイズが小さいので、このままではパソコンのSDカードスロットで使えない場合があります。

micro SDカードと通常のSDカードのサイズの違い
左がmicro SDカード、右が通常サイズ

通常サイズのSDカードスロットで使うためには、SDカードアダプタが必要です。

micro SDカードとSDカードアダプタ
右がSDカードアダプタ
micro SDカードをSDカードアダプタに入れた状態
SDカードアダプタに入れた状態

GOOPASSならSDカードアダプタが付属しているので安心です。

水中用防水ハウジングが同梱されている

GoProはコンパクトなので、海に持って行っても邪魔になりません。
海で泳ぐ子供を撮影したり、リゾートの熱帯魚を撮影すれば最高の思い出になります。

こんなきれいな光景が撮れるかもしれません。

石垣島のクマノミの写真

GOOPASSのレンタルには、水中用の防水ハウジングが同梱されています。
ハウジングというのは、カメラを入れる防水ケースのことです。
GoPro本体をハウジングに入れることで、水中でも使うことができます。

GoPro本体だけでも防水機能はありますが、水没の危険もあるので、ハウジングがあると安心です。
特に、レンタルの場合、ハウジングなしで水没させてしまった場合は補償が効かない場合があるので注意が必要です。
ダイビングで深く潜る場合でも、ハウジングがあれば問題なく使えます。

GoPro HERO9の基本情報

メーカーGoPro
撮影時間(バッテリー持続時間)100分(1080p/120fps), 70分(4K/60fps)
ビデオ解像度1080~5K
記録メディアmicro SDカード
サイズ(横x高さx厚さ)71.8mm x 50.8mm x 33.6mm
重量158g
購入価格52,792円

価格は価格.comで最安値を確認しました。
GoProに興味があるけど、本当に自分に合っているか迷っている方は、まずレンタルしてみるのがおすすめです。

GOOPASSなら入れ替え放題なので、もしGoProが合わないと思ったら、別のアクションカメラに入れ替えて試すことができます。
ちょっと試すだけなら家電量販店でもできますが、実際に外出先で試すことでいろんな気づきがあります。

GoPro HERO9とHERO10の違いは?

GoProの最新機種はHERO10です。
HERO9は1世代前なので、その分レンタル料も安いです。

GOOPSSレンタル価格
HERO96,380円
HERO1010,780円

そこで気になるのが、HERO9とHERO10はどう違うのか? HERO9で十分なのか?
ということだと思います。

HERO9とHERO10の違いをまとめました。

HERO9HERO10
写真20MP23MP
ビデオ解像度5K(30fps)5.3K(60fps)
ビデオブレ補正HyperSmooth 3.0
(チルトリミット 27度)
HyperSmooth 4.0
(チルトリミット 45度)
防水10m10m
スローモーション8x (1080p)8x (2.7K、1080p)
プロセッサーGP1GP2
サイズ(横x高さx厚さ)71.8mm x 50.8mm x 33.6mm71.8mm x 50.8mm x 33.6mm
重量158g153g
購入価格52,792円67,000円

HERO10がHERO9から進化したのは主に下記の点です

  • 写真の解像度が向上
  • ビデオの解像度が向上(従来の2倍のフレームレート)
  • ブレ補正機能が向上(チルトリミット 45度)
  • スローモーションが2.7Kの解像度でも可能に

写真の解像度はそれほど大きな差ではないので、それ以外の3つが注目ポイントです。
これらのメリットから言えることは、
 激しい動きを撮影する場合はHERO10がおすすめ
ということです。

フレームレートが2倍になり、激しい動きでもより滑らかで高画質な動画を撮影することができます。
さらに、8倍のスローモーションが2.7Kの解像度でも可能になっているので、激しい動きを鮮明にとらえることができます。

ブレ補正が向上している点にも注目です。
なんと、水平維持の限界が45度まで改善しています。45度傾けても水平を維持できるというのはすごいと思います。

逆に、次のような方はHERO10のメリットを感じないので、HERO9で十分です。

  • 激しい動きの撮影はしない
  • 手軽に動画撮影したいだけ
  • 三脚で固定して撮影する
  • Youtubeの動画撮影に使う

画質はHERO9でも十分きれいです。
HERO9の方がレンタルでも買うのでも安いので、よほどこだわりがなければHERO9で問題ないです。

GoPro HERO9最安レンタル情報まとめ

GoPro HERO9の最安レンタルはGOOPASSです。
他社で1週間レンタルするよりも安い料金で1ヶ月レンタルできます。

入れ替え放題はGOOPASSだけ

GOOPASS公式はこちら

GoPro HERO9最安値

価格以外にも、GOOPASSには次のようなメリットがあります。

  • 入れ替え放題で他の機材も試せる
  • SDカードが同梱されている
  • 水中用防水ハウジングが同梱されている

同じランクの機材であれば、何度でも入れ替えることができます。

GOOPASSは取り扱いカメラの種類が豊富なので、GoPro HERO9と同じランクのアクションカメラがたくさんあります。
ぜひいろいろ試して、ご自身に最適なアクションカメラを見つけてください。

GoProの最新機種はHERO10なので、HERO9で問題ないか気になる方もいると思いますが、通常の使用であればHERO9でまったく問題ありません。
特に初心者は、まず安価なHERO9から始めるのが良いと思います。



-カメラレンタル