Capture One

【Capture One使い方 Vol.18】調整値の上限(下限)を超えて最大値以上に調整する方法

LightroomユーザーのためのCapture One 22の使い方解説。
第18回は、ちょっとした小技です。
Capture Oneでハイライトやシャドウなどを調整するとき、上限まで設定しても物足りない場合、最大値以上に調整する方法を紹介します。

調整値の限界

各種設定を調整するとき、どの項目も設定できる限界があります。

例えば、ハイライトの場合、-100が限界で、それよりも下げることはできません。

-100が限界

例えば、下の写真の場合、すごく明るくなってしまったので、ハイライトを下げたいとします。
ちなみに、この写真は、海の中のソフトコーラルで、ふんわりした感じにしたかったので、この明るさでいいと思っているのですが、今回はハイライトを下げたいという前提ですすめます。

ハイライトを-100まで下げると下のようになります。

ハイライト-100

もっと暗くしたいと思っても、これ以上下げることはできません。

限界突破の方法

先ほどの例のように、調整値の限界までやっても足りない場合、レイヤーを重ねることで限界突破できます

手順は、

  1. 調整レイヤーを作成
  2. マスク反転で全選択
  3. レイヤーに調整値を適用

順番にやっていきます。

1.調整レイヤーを作成

「レイヤー」の項目で、プラスボタンをクリックして、調整レイヤーを作成します。

プラスボタンでレイヤー追加

2.マスク反転で全選択

調整レイヤーを作った直後は、マスクが追加されていないので、このレイヤーに調整値を適用しても何も変わりません

今回は、写真全体のハイライトを下げたいので、写真全体にマスクがかかるようにします
何もマスクがかかっていない状態から、全体を選択する場合は、「マスクを反転」を使います。

調整レイヤーを選択している状態で、

 右クリック ⇒ マスクを反転

を選択します。

「マスクを反転」をすると、下の画像のように、写真全体にマスクがかかります。

これで、「調整レイヤー1」に適用した調整は、写真全体に反映されます。

3.レイヤーに調整値を適用

マスクが作成できたら、あとは調整値を適用するだけです。
そうすると、元の写真に対して、さらに調整値を重ねることができるので、上限(下限)以上の設定ができます。

今回は、ハイライトを限界突破して下げたいので、ハイライトを-100します。

調整レイヤーでハイライト-100
調整レイヤー適用前

調整レイヤーなしで-100まで下げた写真からさらに暗くすることができました。

調整レイヤーは、複数枚重ねることでできるので、調整レイヤーを追加してさらに下げることもできます。

調整レイヤーをもう1つ追加

追加した調整レイヤーでさらにハイライトを-100に設定

かなり下げることができました。

並べるとこんな感じです。

オリジナル
ハイライト-100
ハイライト-100 + 調整レイヤー1枚
ハイライトー100 + 調整レイヤー2枚

今回はハイライトを例にしましたが、他の調整値でも同様にできます。

まとめ

調整値の上下限を超えて調整する方法を紹介しました。

やり方は下記の通りです。

  1. 調整レイヤーを作成
  2. マスク反転で全選択
  3. レイヤーに調整値を適用

マスク反転で全選択にするというのがポイントです。

調整レイヤーで写真全体を選択すると、調整値をレイヤーで管理できるので、他の場面にも応用ができます。
例えば、レタッチ前とレタッチ後をそれぞれJPEGに書き出したい場合、調整値を適用するのは調整レイヤーだけにして、オリジナル(バックグラウンド)は何も調整を適用しないようにしておけば、レイヤーのチェックを外すだけでレタッチ前に戻ることができます。

便利な機能なので、ぜひ使ってみて下さい。


-Capture One