Capture One

Capture Oneテザー撮影でカメラのSDカードにもデータを保存する方法

RAW現像ソフトのCapture Oneは、RAW現像だけでなく、テザー撮影もできます。
Capture Oneのテザー撮影はプロも使うほど優秀ですが、1つだけ問題点がありました。

それは、撮影データがカメラ本体に保存されないことです。

テザー撮影すると、接続しているパソコン側だけに撮影データが保存され、カメラ本体のSDカードやCFexpressカードには保存されなかったです。

でもそれは過去のこと。2022年6月のアップデート(Ver 15.3.0)でカメラ側にも保存できるようになりました!
この記事では、テザー撮影でカメラ本体側にデータを保存する方法を紹介します。

この記事で分かること

  • テザー撮影でカメラ本体にも写真を保存する設定
  • デュアルカードのカメラで保存先を振り分けていた場合どうなるか?
  • 保存されるデータのファイル名について

テザー撮影でカメラ本体に保存する設定

テザー撮影時にカメラ本体にも写真を保存する方法は、Capture Oneの「カメラ」の項目で、「Save To」の設定を変えるだけです。

手順は

  1. カメラとパソコンを接続
  2. Capture Oneを起動
  3. テザー撮影ツールを開く
  4. カメラ設定で「Save To」を設定

3までは通常のテザー撮影の手順と同じなので、ここでは詳しく説明しません。
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
 >>Capture Oneでテザー撮影をする方法


テザー撮影ツールを開くと、下の画像のような画面が出ます。
「カメラ設定」の「Save To」で設定を変更します。

Capture Oneテザー撮影のカメラ設定画面


初期設定では、Save Toは「Capture One」になっています。
ここをクリックすると、プルダウンで次のように選択肢が出ます。

  • CFe
  • CFe+Capture One
  • SD
  • SD+Capture One
  • Capture One

これは、EOS R5の場合の設定です。
R5はSDカードとCFexpressのデュアルカードスロットなのでこのような表示になります。カメラによって変わります。

それぞれの設定での保存先は下記の通りです。

Save To設定パソコン保存カメラ保存
CFe
CFe+Capture One
SD
SD+Capture One
Capture One

CFe+Capture OneかSD+Capture Oneを選択すると、パソコンとカメラ両方に保存されます。


CFe+Capture OneとSD+Capture Oneの違い

CFe+Capture OneとSD+Capture Oneどちらを選んでも、パソコンとカメラ両方に保存することができます。

この2つの違いは、パソコン(Capture One)に転送するデータを何にするかということです。

CFe+Capture Oneを選んだ場合
CFexpressカードに記録されるデータがパソコンにも転送される

SD+Capture Oneを選んだ場合
SDカードに記録されるデータがパソコンにも転送される。

CFexpressカード、SDカードそれぞれに何が記録されるかというのは、カメラ側の設定によって決まります。

カメラの記録設定は次のものがあります。

  • 標準(1つのカードにRAWとJPEG記録)
  • 振り分け(RAWとJPEGを別々のカードに記録)
  • 同一書き込み(2つのカードに同じものを同時記録)

RAWとJPEG振り分け記録を設定した場合

記録機能の設定で、「振り分け」を選ぶと、RAWとJPEGを別々のカードに記録することができます。

EOS R5記録機能で振り分けを設定
振り分けを設定

振り分けを使った場合、Capture Oneの設定で、CFe+Capture Oneを選ぶか、SD+Capture Oneを選ぶかでパソコン側に保存されるデータ形式が変わります。

例えば、
 CFexpressカード:RAWデータを記録
 SDカード:JPEGデータを記録
という振り分けをカメラ側でしていた場合、次のようになります。

CFe+Capture Oneの場合SD+Capture Oneの場合
CFexpressに保存されるデータRAWRAW
SDに保存されるデータJPEGJPEG
パソコンに保存されるデータRAWJPEG

カメラ側の保存されるデータの振り分けは、カメラ設定次第なので、Capture Oneの設定の影響を受けません。
パソコンに保存(転送)されるデータは、
 CFe+Capture Oneの場合:CFexpressのデータをパソコンに保存
 SD+Capture Oneの場合:SDのデータをパソコンに保存
となります。

推奨設定は同一書き込み

私がおすすめする記録設定は、「同一書き込み」です。

EOS R5記録機能で同一書き込みを設定


CFexpressとSDに同じデータが書き込まれます。
カメラ内でバックアップを取っている状態になるので、万が一どちらかが故障したときでもデータが失われることがないです。
バックアップは重要なのでこの設定をおすすめします。

同一書き込みを設定した場合、次のようになります。

CFe+Capture Oneの場合SD+Capture Oneの場合
CFexpressに保存されるデータRAW, JPEGRAW, JPEG
SDに保存されるデータRAW, JPEGRAW, JPEG
パソコンに保存されるデータRAW, JPEGRAW, JPEG

CFexpress、SD、パソコンすべてに同じデータが保存され、完璧なバックアップ体制になります。

保存される写真のファイル名について

カメラ本体に保存されるデータのファイル名と、パソコンに保存されるデータのファイル名は同じにはなりません。

ファイル名は次のようになります。

 カメラに保存されるデータ:カメラで設定したファイル名
 パソコンに保存されるデータ:Capture Oneで設定したファイル名

パソコン側に保存されるデータのファイル名は、Capture Oneのテザー撮影の設定画面で変えることができます。
テザー撮影ツールの「キャプチャーファイル名」で設定します。

Capture Oneテザー撮影のファイル名設定


テザー撮影でカメラにも保存する方法まとめ

Capture Oneのテザー撮影でカメラ側にもデータを保存する方法を紹介しました。

Capture Oneの「Save To」で次のいずれかを選択することで、パソコンとカメラ両方に保存できます。

  • CFe+Capture One
  • SD+Capture One

カメラ側にRAW, JPEGどちらが記録されるか、もしくは両方かというのは、カメラの記録設定によって変わります。
Capture Oneの設定の影響は受けません。

推奨設定は、カメラ側で「同一書き込み」に設定して、Capture OneではCFe+Capture OneかSD+Capture Oneを選ぶことです。
どちらを選んでもパソコンに保存されるデータはRAW, JPEGになります。

この設定にすることで、2枚のカードとパソコンに同じデータが保存され、3重のバックアップになります。

Capture Oneのアップデートによって、カメラ側にも保存できるようになったので、テザー撮影の不満はなくなりました。
Capture Oneのテザー撮影はLightroomやEOS Utilityよりも使いやすく、テザー撮影用ソフトとして最も優秀なものになったと思います。

-Capture One