雑記

DMM英会話を2年間続けてレビュー。ネイティブプランは必要か。普通の英会話教室と比較。

オンライン英会話として有名なDMM英会話。
どんな感じか気になっていませんか?
この記事では、私が2年間継続して感じたDMM英会話のメリットとデメリットを紹介します。
私は以前、英会話のイーオンにも数年間通っていました。

ネット上には、アフィリエイト広告のためだけに無料お試しだけやって書いたようなブログがたくさんありますが、この記事は、実際に私がイーオンとDMM英会話それぞれを実際に長い時間経験し、本気で英語ができるようになりたいと思って継続して、感じたことを書いています。
この記事を読むと、イーオンのような通常の英会話教室と比べてどうなのか、ネイティブプランに入る必要があるのか、本当に上達するのか、などDMM英会話を始める前に気になることが解決するのではないかと思います。

英会話のイーオンのメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
 >>英会話のイーオンのメリット・デメリットを紹介

DMM英会話と英会話教室イーオンを比較

あくまで私が感じた印象ですが、DMM英会話とイーオンを比較するとこんな感じです。
 〇:良い
 △:普通
 ×:悪い

DMM英会話イーオン
価格
通いやすさ
講師のレベル
教材

具体的にイーオンと比べたときのDMM英会話のメリット・デメリットを紹介します。

DMM英会話について

メリット

イーオンのような普通の英会話教室と比べて、DMM英会話の方が良いと思った点は、

  • 受講料が安い
  • オンラインだから毎日できる
  • 直前でも予定の変更ができる
  • デイリーニュースがおもしろい

受講料が安い

受講料が安いのは最大のメリットだと思います。
イーオンの場合、私が受けていたコースは週2回で月額約38,000円ほどです。
マンツーマンではなく、5人程度のクラスのレッスンで、50分のクラスを週2回受けてこの金額です。
1回あたりの金額にすると約5,000円になります。

選ぶコースによって金額はかなり変わりますが、私が受けていたコースはこのくらいの金額です。
これに対して、DMM英会話の場合、月額6,480円で、1回あたりたったの209円です。
マンツーマンでこの金額は安すぎます。本当に講師に報酬が支払われているのか心配になるほど安いです。

1回のレッスンは25分なので、イーオンより短いですが、毎日できるので圧倒的にコスパがいいです。
イーオンのように授業料以外に入学金、システム管理費、教材費がかかることは一切ありません。

本当に下の図にあるような月額料金だけでレッスンを受け続けることができます。
下の図は50%OFFの金額が大きく表示されていますが、初めの1か月だけなので、その点は注意してください。
50% OFFじゃなくても破格の安さですが。

オンラインだから毎日できる

イーオンの記事で書きましたが、実店舗の英会話教室は通うのが大変です。
移動に時間がかかるし、早めに教室に行って少し待つ時間もあります。

その間に友達になった受講生と話したりすれば、それはそれで楽しい時間ですが、単純に英会話をするという目的だけ考えると、実際に学習している以外の時間を結構取られてしまい、忙しい社会人にはつらいです。
私がイーオンをやめた最大の理由もここです。
せっかく週に1回残業なしで帰れるのに、50分だけのレッスンのために電車に乗って通うのは時間がもったいないと思いました。

DMM英会話の場合、オンラインなので、自宅で簡単に受けることができます。
初めのうちは、レッスンの10分くらい前に接続して、ドキドキしながら待っていましたが、10か月ほぼ毎日やっていると、すっかり慣れて、1分前くらいに接続することもあります。
あと、実際に対面するわけじゃないので、夕食でちょっとお酒を飲んだ後とかでも普通にレッスンに参加できます。
「今日はお酒飲んだからレッスンはやめておこう」とか全く思わないです。
私がDMM英会話を継続できているのは、自分が好きな時間に25分だけ時間があればできる気軽さのおかげです。

私は、一番安い毎日1回レッスンのプランに入っているのですが、これもポイントだと思います。
1日1回ですが、休んだ日の分が蓄積されて1日に数回レッスンが受けられるということはありません。
毎日やっても、週に1回でも、1日に受けられるのは1回だけです。
なので、毎日やる方が断然お得です。
そう考えると、1日でも休むともったいない気がして、毎日欠かさず受けています。

直前でも予定の変更ができる

イーオンの場合、コースによっては前日に連絡しないと振替ができなくて、直前に都合が悪くなった場合はその日のレッスンは消滅することになります。
1回あたり5,000円くらいするのに、それが消滅してしまうのはつらすぎます。
そして、たとえ前日に振替をお願いしたとしても、次にいつレッスンが受けられるかわかりません。
自分が取っているコースと同じコースがいつあるか、席の空きがあるか、自分の予定が合うか、ということを考えて振替日を決めることになるので、なかなか振替できず消滅することが結構あります。

DMM英会話の場合、30分前までならキャンセルできます
オンラインで簡単にキャンセルできるし、キャンセルした瞬間、次の予約ができるようになります。
予定していた時間に受けられないけど、何時になったら用事が終わるかわからないというときでも、とりあえずキャンセルしておいて、時間ができたときに予約すれば良いです。
予約は、レッスン開始の15分前まで可能なので、予定が空いてからレッスン時間を決めても十分間に合います。

デイリーニュースがおもしろい

DMM英会話には、たくさんの教材が用意されていますが、一番人気で私もおすすめなのは、「デイリーニュース」です。
時事ネタの英語の記事を読んで勉強します。

単純に英語の勉強になるだけでなく、日本のニュースでは報道されないような情報も得られるので、いろんなことが知れておもしろいです。
毎日3記事くらいアップされるので、自分が興味のあるネタを選んで受けることができ、毎日レッスンしてても飽きないです
レッスンは、単純に記事を読むだけでなく、その記事に関係した設問が用意されていて、自分の意見を話すように作られているので、文章を考えて自分の意見を伝える力が付きます。

教材は会員じゃなくても無料で見られるので、気になる方は一度見てみてください。
下のリンクに行って、「無料体験レッスンはこちら」というところをクリックすると、DMM英会話の画面に入れます。
上の方に「教材」というタブがあるので、そこをクリックすれば会員登録せずに教材が見られます。

記事を読むだけでもおもしろいと思いますが、実施にレッスンを受けると、記事のネタについて講師と話をするので、それぞれの意見が聞けてもっと楽しめます。

デメリット

DMM英会話もいいところだけではありません。
イーオンと比べていまいちだなって思った点は、

  • 講師によって授業のレベルに差がある
  • ネットの接続環境が悪いと授業が中断する
  • お気に入りの講師を予約できないことがある
  • 教材はイーオンの方がわかりやすい


講師によって授業のレベルに差がある

講師はちゃんと審査されているので、ちょっと英語が得意なだけの外国人という人はいなくて、ある程度のレベルは担保されていますが、講師によってレベルの違いは感じます。
講師によっては、自分のことを話すのに夢中になって、受講生に話す隙を与えてくれなかったり、決められた手順で淡々とテキストを進めるだけでアドバイスをほとんどしてくれなかったり、というのがあります。
会話をするために授業を受けているのに、全然会話をした気がしないと感じて終わることがたまにあります。
講師のレベルという面では、イーオンの方が良いです。
でも、ちゃんと話を盛り上げて楽しくレッスンしてくれる講師はたくさんいます。
安い料金で毎日受けられるというメリットを活かして、いろんな講師を試してみて、気に入った講師をお気に入り登録しておけば、失敗も少なくなります。
それに、実際に海外に行って誰かと話すときでも、いろんな人がいるので、たとえ外れと感じる講師に当たった場合でも、話しづらい人と話す練習なんだと考えれば、いい経験になったと思えます。
どんな外れ講師になったとしても、まったく英語に触れずに過ごすより、毎日何かした方がいいので、お気に入りの講師の予約が取れなくても、とにかく誰かと話すようにしています。

ネットの接続環境が悪いと授業が中断する

DMM英会話の講師の大半がフィリピンの方です。
フィリピンは日本ほどネット環境が良くないので、講師の状況次第では音声が途切れたり、ビデオが見れなくなったりということがあります。
また、フィリピンは突然の大雨や台風が多いので、そういうときもネット環境が不安定になったり、外の雨の音が雑音として聞こえるということもあります。
この問題も、いろんな講師を経験して、ネット環境が良い講師や、家の防音環境が良い講師をお気に入り登録しておくことで、ある程度回避できます。
また、完全に接続が途切れて、授業続行不能な状態になった場合は、「レッスンチケット」が発行されて、好きな時に振替ができます。
通常、1日1回のレッスンですが、レッスンチケットがあれば、いつもの1回+レッスンチケットで1日2回受けることもできます。
2回分のレッスンを連続で予約して、50分の長いレッスンにすれば、普段時間がなくてできないような質問をしたりできるので、レッスンチケット発行は結構うれしいです。

お気に入り講師を予約できないことがある

人気の講師はすぐに予約で埋まって、予約が取りづらいです。
講師を選択する画面は、下の画像ように星が付いています。
悪い評価を付ける受講生は少ないので、ほぼすべての人が★5つに近くて星の数はあまり参考にならないですが、その下の評価件数が参考になります。

この件数が多いほど、多くのレッスンをして受講生から良い評価を受けているということなので、それだけ人気があると言えます。
私は、予約が取りやすいのが良いので、まだ始めたばかりで評価件数が少ない講師を選ぶようにして、良い講師だったらお気に入り登録して毎回予約するのですが、良い講師というのは人気になっていくので、だんだん予約が取れなくなってきます。
せっかく毎回楽しくレッスンを受けていたのに、予約が取れなくなるのは残念です。

私は毎日レッスンを受けているので、次の予約ができるのは、レッスンが終わった後です。
例えば、毎日20:00からレッスンを受けていたら、次の日の予約ができるのは、レッスンが終わった20:25からということになります。
同じ1日1回プランの人でも、毎日受けていない人は、2日先とかのレッスンを予約するので、どうしてもそういう人より予約できるのが遅くなってしまいます。
なので、ずっと同じ講師に担当してもらうというのは難しく、ある程度人気になってきたら別の講師に変えることになります。
いろんな講師に教えてもらうのは良いことなので、私はポジティブに考えていますが、もしどうしてもずっと同じ講師にお願いしたい場合は、1日2回のプランに入って、先々まで予約できるようにするのもありだと思います。

人気になると数日先まで予約で埋まる

教材はイーオンの方がわかりやすい

DMM英会話には、いろんな教材が用意されていますが、文法とか基礎的な部分を学ぶ教材としては、イーオンの教材の方がわかりやすかったです。
イーオンは自習でもしっかり理解できるように作られていたと思います。
DMM英会話の場合、毎日英語で話すということは達成できますが、意思が強くないと、予習復習をせず、わからないことはわからないままになりがちです。
ただただ英語で話して終わりという状態になりやすいです。
それでも十分すごいことで、毎日話すということは、何よりも大事だと思いますが、新しい表現を身に着けるには、ある程度、自主学習をする意志の強さが必要です。
本気で英語を話せるようになりたいなら、自主学習をしっかりやって、レッスンでは自主学習で覚えたフレーズを使って、会話するということを重視した方が良いと思います。
そういう意味でも、デイリーニュースの教材をレッスンで使うのがおすすめです。
デイリーニュースは、最近のニュースを読んで、それに関連する設問があり、自分の考えを話すので、自主学習で覚えたフレーズを使う絶好の機会になります。
また、自分の考えを話そうと思っても言葉が出なかった場合、どうやって言えばよかったのか復習すると効果的です。
どう言っていいかわからないときは、「DMM英会話 なんてuKnow?」で質問できます。
「なんてuKnow?」は誰でも見ることができますが、質問できるのはDMM英会話会員だけです
私も今まで何回か質問していますが、1日以内に回答が返ってきました。
デメリットの項目で教材をあげましたが、比較するとイーオンの方がわかりやすかったというだけで、会話を重視したレッスンをすると考えると、毎日アップされるデイリーニュース教材は良いし、「なんてuKnow?」が便利なので、うまく使えば英語上達に役立つと思います。

ネイティブプランに入った方が良いか

DMM英会話のプランには、「スタンダードプラン」と「プラスネイティブプラン」があります。
ネイティブプランにすると、ネイティブ、日本人講師を含むすべての講師のレッスンを受けることができますが、私はスタンダードで十分だと思います。

せっかく習うなら、「ネイティブのきれいな発音で」と思ってネイティブプランの方が良いかと迷うと思いますが、ネイティブだから必ずいい講師だとは限りません。

ネイティブの講師は少ないので、受けたい時間にお気に入りの講師が空いていないということになりやすいです。
毎回初対面でもいいからとにかくネイティブと話したいというのであれば、問題ないと思いますが、毎回自己紹介から始まるのも面倒だし、DMM英会話は講師によるレベルの差が大きいので、ネイティブにこだわらず、お気に入りの講師のレッスンを受けた方がいいです。

スタンダードプランにすると、大半がフィリピンの講師になりますが、フィリピンの講師はフレンドリーでいつも楽しくレッスンができます
ネイティブにこだわるより、自分に合ったお気に入りの講師が見つけられれば、その方が良いレッスンになると思います。

また、私は仕事でフィリピン人と英語で話すことがあるのですが、DMM英会話の講師はフィリピン人の中でも英語のレベルが高いです
フィリピンは、英語が公用語に近いくらい浸透しています。教育を受けたフィリピン人ならほぼ全員英語がペラペラです。
そんな英語教育が充実している国で、学校の英語教師をしているような人がDMM英会話で講師をしているので、教えるのがうまいです。
高い会費を払ってネイティブプランに入るくらいなら、スタンダードプランで1日のレッスン回数を増やした方が良いと思います。

2年間継続した結果

まず、結論から言うと2年間継続しても、いかにも英語ができる人というようなペラペラにはなっていません。
でも、英語で会話することが全く苦ではなくなりました。
さらに、特別な勉強はしていないのにTOEICの点数が100点以上、上がりました。

仕事で英語を使うとき、今までだとすごく緊張していましたが、今は自然に話し始めることができます。
毎日英語で話すのが日課になったので、「英語で話す」ということが特別なことではなくなりました。
そして、聞き取る能力も格段に向上しました。

今までは仕事でフィリピン人から英語で報告を受けても、半分くらい理解できず、英語ができる人に「今なんて言ってました?」って聞いていましたが、最近はほぼ理解できます。
これはすごい成果だと思います。
より学習効果を高めるためには、しっかり予習復習して、レッスンに出てきたフレーズを暗記するくらい繰り返し練習するのが良いと思いますが、私はめんどくさくて予習復習は一切やっていません。
その代わり、毎日25分のレッスンは欠かさずやっています。
それだけでも、2年前と比べると明らかに英会話力が向上したのを感じます。

少しずつでも、毎日続けることが何よりも大切だと信じて、今後もDMM英会話は続けていこうと思います。

この記事を見ているということは、英語を勉強したいけど迷っているのではないかと思います。
ネットでいろいろ検索しても、人それぞれ英語力も目標も違うので、最終的に自分に合うかというのは、実際に自分でやってみないと分からないです。
DMM英会話は安いし、1か月だけでやめることもできます。
体験だけなら無料です。レビュー記事を探し回るより、まずは一度経験してみるのが一番早いと思います。
ぜひ、自分の足で一歩踏み出してみて下さい。
この記事がその一歩のお手伝いになればうれしいです。

 

-雑記