Lightroom・Photoshop

簡単、写真にぼかしやモザイクを入れる方法。PhotoshopとLightroomの違いを比較。

写真を公開するとき、一部分を見えないようにぼかしたりモザイクを入れたいということがあると思います。
Photoshopなら簡単にできます。この記事では、簡単にぼかしやモザイクを入れる方法を紹介します。
また、私も以前気になっていたのですが、Lightroomでもぼかしを入れることができないか検証してみます。



ぼかしを入れる方法

Photoshopでぼかしを入れるのは、本当に簡単です。
なぜなら、そのものずばりの「ぼかしツール」というのがあるからです。

ぼかしツール

このぼかしツールを選択し、画像のぼかしたい部分をなぞるだけで、ぼかすことができます。
繰り返し上塗りをすればどんどんボケていくので、好みのぼかしになるまでグリグリとなぞり続けるだけです。

実際にやってみましょう。
下の画像の「青木呉服店」の「青木」の部分だけぼかしてみます。

ぼかす前

ぼかしツールで「青木」の上をグリグリと何度か塗りつぶした結果がこちら。
みごとにぼかしが入りました。もっとグリグリすれば、読めないくらいぼかすことも可能です。

ぼかし後

モザイクを入れる方法

ぼかしではなく、よくあるカクカクしたモザイクで隠すこともできます。
これもPhotoshopなら簡単です。

範囲を選択

まず、モザイクを設定したい範囲を選択します。
なげなわツールでぐるっと囲ってもいいですが、今回はペンツールでやってみます。
ペンツールを使うとフリーハンドでやるよりきれいに選択範囲を指定できます。

まず、ペンツールを選んだ後に、画面上側のメニューで、「パス」を選択します。

次に、写真上の選択したい範囲をペンツールで囲みます。
今回は四角く範囲を指定するので、四隅をクリックするようにしてパスを作成します。

パスが作成できたら、これを選択範囲に変更します。
画面上のメニューの「選択」をクリックします。

すると、下のような画面が出ます。
特に設定を変えなくて良いので、このままOKをクリックします。

選択範囲を作成を実行すると、下のようにパスが選択範囲を表す点線に変わります。

モザイクを作成

範囲が選択できたら、モザイクを作成します。
画面上のメニューから、
 フィルター ⇒ ピクセレート ⇒ モザイク
と選択します。

下記のような画面が出るので、そのままOKをクリックします。
「セルの大きさ」を変えれば、モザイクの粗さを変えることもできます。

モザイクを入れた写真がこちら。

ペンツールの使い方から説明したので、手順が多いと感じたかもしれませんが、実際にやっているのは範囲を作成して、モザイクを設定するだけなので、やってみると意外と簡単にできます。

Lightroomでぼかしはできるか

Photoshopは慣れてないからLightroomでできないかと考える方もいると思います。
Lightroomでぼかしを入れられるか検証してみました。

補正ブラシを使う方法

まずは、補正ブラシを使う方法です。
補正ブラシでぼかしを入れたい範囲を指定します。
そして、「テクスチャ」と「明瞭度」を思いっきり下まで下げます。
この2つの項目は、画像のくっきり感を調整することができるので、これを-100まで下げるとボケた感じになります。

補正ブラシで「青木」の部分をぼかした写真がこちら。

補正ブラシでぼかし

横の「呉服店」の文字と比べると不鮮明になっていますが、余裕で読めてしまいます。
この方法はダメですね。

スポット修正を使う方法

Lightroomで邪魔なものを消す機能と言えば、おなじみのスポット修正です。
「青木」の部分をスポット修正で選択してみました。

スポット修正で選択

普通にやるとこの写真のように完全に消えてしまいました。これはこれですごいことなんですが、今回やりたいのとは違います。

スポット修正後

では、完全に消えすぎるからダメなんだと思い、スポット修正のメニューで、「不透明度」を調整してみました。
通常、不透明度は100になっていて、完全に対象物を消す設定になっていますが、少し残したいので、50にしました。

不透明度を50に設定
不透明度50のスポット修正

完全に消えることなく、ぼかしっぽくはなりましたが、普通に読めます。
ということで、残念ながらLightroomでPhotoshopのようなぼかしを再現することはできなかったです。

通常のレタッチだけならLightroomだけでも困ることは少ないかと思いますが、Photoshopも使えればより多くのことができるようになり、様々な場面に対応できます。
ぜひPhotoshopも使ってみてください。
下の記事でも紹介していますが、LightroomもPhotoshopも使えるフォトプランがおすすめです。

おまけ

Photoshopで細かい部分を補正する場合はペンタブレットを使うのがおすすめです。
今回は、大雑把に枠を作って囲みましたが、より細かい作業をする場合は、マウスだとやりづらいし疲れます。
私は、WacomのIntuosシリーズのMediumサイズを使っています。

イラストを描くわけじゃないのにペンタブいる?って思うかもしれませんが、使ってみると快適です。
マウスは手が疲れるという方は使ってみてください。

-Lightroom・Photoshop